見出し:季節限定さくらの道 所用時間の目安 約3時間
池田は五月山を中心として桜の名所としても知られています。季節には大変多くの花見客で賑わいます。池田のシンボル五月山と桜、猪名川の清流など程良い自然をご堪能下さい。

■徒歩コース
(所用時間の目安約3時間)
池田駅(徒歩約10分)池田文庫(徒歩すぐ)新逸翁美術館*(徒歩約5分)池田城跡公園(徒歩約5分)五月山公園(徒歩約15分、またはバス約5分)池田駅

■ドライブ&歩きコース
(渋滞が予想されます)
阪神高速11号川西小花出口・中国自動車道池田出口(北へ約5km)公営・民間駐車場(徒歩約5〜10分以内)池田城跡公園(徒歩約10分)五月山公園(動物園・緑のセンター)(約5km以内)五月山ドライブウエイ(約10km)箕面方面へ

JAFナビの池田市ドライブコース情報
写真:逸翁美術館
新逸翁美術館
▲top

見出し:ミュージアムの道 所用時間の目安 約4時間
カップヌードルミュージアム 大阪池田をはじめ美術館や資料館などを巡り、ミュージアムツーリズムを気軽に満喫していただけるコースです。

池田駅(徒歩約5分)カップヌードルミュージアム 大阪池田(徒歩約12分)落語みゅーじあむ(徒歩約5分)阪急学園池田文庫(徒歩すぐ)新逸翁美術館*1(徒歩約10分)歴史民俗資料館(徒歩約15分)池田駅(バスで約11分)ヒューモビリティワールド*2

*2:ヒューモビリティワールドの見学は要予約。池田駅1番バスのりばから乗車し、「ダイハツ本社前」で下車。
写真:カップヌードルミュージアム 大阪池田
カップヌードルミュージアム 大阪池田
▲top

見出し:織姫伝説の道 所用時間の目安 約2時間
「古代中国の織姫、呉織(くれはとり)・穴織(あやはとり)が、池田の地で絹織物を始めた」という織姫伝説ゆかりの神社・遺跡・施設を歩くロマン薫るコースです。

池田駅(徒歩スグ)「衣掛けの松」モニュメント(徒歩約5分)呉服神社(徒歩約5分)染殿井(徒歩約15分)伝承・唐船が淵(徒歩約5分)伊居太神社(徒歩約15分)星の宮(徒歩約15分)池田駅
写真:伊居太神社
伊居太神社
▲top

見出し:能勢皆藤と落語の道 所用時間の目安 約3時間
落語「池田の猪買い」に登場する能勢街道を歩き、江戸の風情を残すうどん屋さんや明治の芝居小屋「呉服(くれは)座」跡にも立ち寄る町の歴史を巡るコースです。

石橋駅(石橋商店街経由徒歩約10分)井口堂の道標、有馬道の道標(徒歩約10分)水月公園(徒歩約5分)釈迦院(尊鉢厄神)(徒歩約20分)星の宮前の道標(徒歩約5分)池田文庫内の道標(徒歩約5分)落語みゅーじあむ(徒歩約4分)引札屋(栄町商店街)(徒歩約3分)池田駅
写真:落語みゅーじあむ
落語みゅーじあむ
▲top

見出し:露天風呂と花・紅葉の寺 所用時間の目安 約3時間
紅葉をはじめ、四季折々の花が咲く久安寺と市内唯一の天然温泉(露天風呂)で、心も体もほっこり和めるコース。大阪から20分とは思えない穴場です。

池田駅(西のりばからバス約15分)久安寺(徒歩約10分・バス約3分)伏尾温泉(バス約10分)池田駅
写真:久安寺
久安寺
▲top

所用時間の目安 約4時間
古代には猪名川流域に文化があったようで、周辺には多くの古墳が残っています。ここ池田市域にもまだ古墳が17基程残っています。そんな池田に残る代表的な古墳をめぐるコース。太古の昔の池田はどんなだったか、思いを馳せてみてはいかがですか?

池田駅(バス約10分・辻ヶ池公園下車)娯三堂古墳 (徒歩15分)茶臼山古墳(徒歩10分)歴史民俗資料館、五月丘古墳(徒歩約15分)鉢塚古墳(徒歩約10分)稲荷山古墳(徒歩約10分)石橋駅
写真:茶臼山古墳
茶臼山古墳
▲top

所用時間の目安 約2時間
池田城跡とその城主の菩提寺である大広寺をめぐり、池田の地酒「呉春」の工場界隈に残る旧市街を散策。

池田駅(バス約10分、大広寺下車)大広寺(徒歩約10分)池田城跡公園(徒歩約10分)酒蔵のある町並みと旧市街散策(徒歩約10分)池田駅
写真:池田城跡公園
池田城跡公園
▲top


〒563-0056 大阪府池田市栄町1-1(財)いけだ市民文化振興財団内
電話:072-750-3333 / ファックス:072-750-3330