池田市観光協会HOME > イベントカレンダー

※ 内容が変更になる場合がありますが、ご了承ください。

春の古本再利用市・市民朝市

2018年4月1日(日)9:00-11:30
池田駅前公園(雨天時は8日(日)に延期)
新鮮な野菜やハンドメイドの雑貨・古着・古書などを販売。掘り出し物があるかも!

【問合せ】(市)環境政策課 TEL:072-754-6240

池田五月山さくらまつり

2018年4月7日(土)8日(日)
■雅の広場 <池田城跡公園>10:00-15:00
五月山公園では、美しい桜のもとイベントが開催され城跡公園では
野だてや邦楽演奏が催されます。
また、3/24〜4/8まで夜桜照明を実施します。(日没-22:00)
【問合せ】 空港・観光課 TEL: 072-754-6244

《協賛事業》
●福祉さくらまつり
五月山公園 野外ステージ広場 10:00-16:00
フードやドリンクの模擬店が多数出店。楽しいゲームでさらに盛り上がります!
【問合せ】池田市障害者団体連合会 TEL:072-753-6776

詳しくはこちら

落語みゅーじあむ寄席

2018年4月14日(土)14:00-15:30
落語みゅーじあむ
本格的な上方落語をご堪能ください。
当日券1,500円(前売券1,000円)
【問合せ】落語みゅーじあむ TEL:072-753-4440

バサラの宴2018 菅尾玲子と仲間たち

2018年4月14日(土)13:00〜15:30
池田城跡公園特設舞台 (雨天中止)
陽気に愛を歌うシャンソンライブ!

詳しくはこちら


【問合せ】いけだ市民文化振興財団 TEL:072-761-3131

バサラの宴2018 田中ゆみとフォーク同好会ライブ

2018年4月15日(日)13:00〜16:00
池田城跡公園特設舞台 (雨天時、会場変更)
フォークからカントリー他、いろいろなジャンルの楽しいステージ。

詳しくはこちら
【問合せ】いけだ市民文化振興財団 TEL:072-761-3131

第6回 いけだ落語うぃーく

2018年4月16日(月)〜22日(日)
池田市民文化会館
上方落語の楽しさを知り尽くした落語作家+芸能史研究家プロデュース、
落語三昧の一週間をお楽しみに!!

●『今宵は明治150年で』
2018年4月16日(月)18:30〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『今宵は忠臣蔵で』
2018年4月17日(火)18:30〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『今宵は七光りで』
2018年4月18日(水)18:30〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『今宵は「あんけら荘」で』
2018年4月19日(木)18:30〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『今宵はヅカ三昧で』
2018年4月20日(金)18:30〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『桂春團治一門会』
2018年4月21日(土)15:00〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール

●『春之輔改メ 四代目桂春團治襲名披露公演』
2018年4月22日(日)15:00〜
池田市民文化会館 アゼリア大ホール

詳しくはこちら
【問合せ】池田市民文化会館 TEL:072-761-8811

第19回 いけだ春団治まつり

●『桂春團治一門会』
2018年4月21日(土)15:00〜
池田市民文化会館 アゼリア小ホール
毎春恒例の「いけだ春団治まつり」も今年で19回目。
精鋭ぞろいの春團治一門会をお楽しみください。

●『春之輔改メ 四代目桂春團治襲名披露公演』
2018年4月22日(日)15:00〜
池田市民文化会館 アゼリア大ホール
落語うぃーくの大トリは大ホールにて四代目春團治襲名披露公演を開催。
いつにもまして華やかにまつりを締めくくります。
 
詳しくはこちら


【問合せ】 池田市民文化会館  TEL: 072-761-8811

逸翁美術館 開館60周年記念展 One more 未来につなぐ和の意匠力

2018年3月24日(土)〜5月6日(日)
逸翁美術館
縄文・弥生、はるか昔に作られた物の姿や図柄に、現代の私たちも
また新鮮な印象を覚えます。それぞれの時代の日本人が生み出した
文様や意匠は、歴史の中で繰り返し用いられ、様々な美術工芸品の
上に形を変えて親しまれてきました。
 
本展では「平明」「遊楽」「静寂」の3つのテーマで作品を選び、
未来につなぐ和の意匠(デザイン)力を示してみたいと思います。

詳しくはこちら
縄文・弥生、はるか昔に作られた物の姿や図柄に、現代の私たちもまた新鮮な印象を覚えます。それぞれの時代の日本人が生み出した文様や意匠は、歴史の中で繰り返し用いられ、様々な美術工芸品の上に形を変えて親しまれてきました。
 
本展では「平明」「遊楽」「静寂」の3つのテーマで作品を選び、未来につなぐ和の意匠(デザイン)力を示してみたいと思います。
縄文・弥生、はるか昔に作られた物の姿や図柄に、現代の私たちもまた新鮮な印象を覚えます。それぞれの時代の日本人が生み出した文様や意匠は、歴史の中で繰り返し用いられ、様々な美術工芸品の上に形を変えて親しまれてきました。
 
本展では「平明」「遊楽」「静寂」の3つのテーマで作品を選び、未来につなぐ和の意匠(デザイン)力を示してみたいと思います。
【問合せ】公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館 TEL:072-751-3865

ページトップへ

MENU

池田市観光協会

〒563-0056 大阪府池田市栄町1-1
(一財)いけだ市民文化振興財団内
電話:072-750-3333 FAX :072-750-3330

Copyright 池田市観光協会 all rights reserved.

いけだ観光回遊ツアー

非表示にする