インスタントラーメン ピックアップ まんぷく

NHK朝ドラ「まんぷく」のあらすじ、見どころを徹底解説!

こんにちは!池田大好きライターのアンです。

2018年10月1日(月)からNHKの朝ドラ「まんぷく」が始まりましたが、皆さんは見てますか?!

このドラマは、インスタントラーメンを発明した日清食品の創業者・安藤百福さんの妻・仁子さんをモデルとしたお話です。安藤百福さんは大阪府池田市で世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明しました。

今回は、ドラマ「まんぷく」のみどころや魅力をお伝えしますので、参考にしてください。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじ

NHK連続テレビ小説の第99作「まんぷく」は、インスタントラーメンを発明した日清食品創業者の安藤百福さんと妻の仁子(まさこ)さんをモデルに、オリジナルドラマとして創作されたお話です。

今ではインスタントラーメンはスーパーやコンビニで当たり前に買える食べ物ですが、その発明には山あり谷ありの壮絶なストーリーがありました。

まんぷくのヒロインは、戦前の大阪に生まれた今井福子。天真爛漫で明るく、楽天家で食べることが大好きな福子は貧しくも母と二人の姉に愛されて育ちます。演じるのは安藤サクラさんです。

そんな福子が出会ったのが、青年実業家の立花萬平(まんぺい)。長谷川博己さんが演じています。二人は運命的な出会いを果たし、福子の母の反対を乗り越えて結婚します。

しかし、二人を待っていたのは想像を絶するほどの過酷な結婚生活でした。「世の中の役に立つような、みんなが喜んでくれる仕事がしたい」と理想を目指す萬平ですが、なかなか思うようにはいきず苦難の連続です。

福子はそんな夫を支え、背中を押す強い女性へとどんどん成長していきます。持ち前の明るさと機転で、夫を成功に導いていきます。

どのように、世界的な大発明にだどり着くのか気になりますが、そこに至るまでの波乱万丈の二人の人生にも注目です。

戦中戦後の厳しい時代背景の下、懸命に生きる登場人物たちの魅力にいつしか引き付けます。

まんぷくのタイトルの意味は?

「まんぷく」というタイトルには、3つの意味が込められているそうです。

①満腹
この朝ドラは”食”をテーマにしたお話です。インスタントラーメンを発明した安藤夫婦には「世の人たちのお腹をいっぱいに満たしたい!」という思いがありました。
食べることもままならない時代に生まれたインスタントラーメンには、世の中の人たちに「お腹がいっぱいになることで感じる幸せを感じてもらいたい」という温かい願いが込められています。

②萬福
萬平と福子の頭文字を一文字ずつ取って「萬福」。これはご夫婦の絆を意味しています。
波乱万丈の人生ですが、福子は夫を信じ、励ましながら、辛い時も明るく振舞いました。そんな二人の絆を感じます。

③万福
”幸せに満ち溢れている”という意味。朝ドラを作る上で、制作側の思いは「視聴者に幸せになってもらうこと」でした。深いですね。

以上の3つの思いが「まんぷく」に込められています。確かに、観るたびに少しずつ幸せな気分になれます。

福子を演じる安藤サクラさんてどんな女優さん?

福子が走って転んで、起き上がってまた笑顔で前に進むオープニング映像が印象的です。
これは「福子をギュっと凝縮した」イメージで作られたそうです。何があってもよりパワフルに、健やかに、人生を良い方向へと進めていくことができる福子に、女性からの支持がとても熱いとか。

偉大な発明の裏には、夫を支える天真爛漫で健気な妻の姿があったのです。

朝ドラでは、新人やデビュー間もない俳優が選ばれるイメージもありますが、今回は新人ではなく実力派の俳優を起用しています。

喜怒哀楽が豊かな福子を演じるのは安藤サクラさん。
2007年に俳優デビューし、2016年には主演映画「100円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞したほどの演技派女優です。
2018年、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた『万引き家族』では、万引きで生計を立てる一家の“母”を演じています。
審査員長を務めたケイト・ブランシェットが演技を絶賛し、世界で高く評価された女優さんです。

昨年に第1子を出産したばかりで、朝ドラ初の”ママさんヒロイン”です。出演オファーを受けた時は出産直後で、大阪での長期撮影に迷いがあったそうですが、家族の応援もあり出演を決意したとのこと。

ママをしながら長丁場の朝ドラの主演にチャレンジするのは大変でしょうが、それを感じさせない迫真の演技にプロを感じます。

父は俳優の奥田瑛二さん、母はエッセイストの安藤和津さんです。

高視聴率の「まんぷく」 こんなところが評価されています。

まんぷくの視聴率は、第1話(10月1日放送)が23.8%、第10話(10月11日放送)が22.8%を記録するなど、多くの人に観られているようです。

高視聴率の理由は主に3つあると分析されています。

①脚本が面白い!
まんぷくの脚本は、「HERO」「海猿」「ガリレオ」シリーズ「龍馬伝」などを手掛けた福田靖さんです。
安藤夫妻の生涯を元に創作を加えたオリジナルストーリー。展開が面白いのは間違いないのですが、ユーモアやコメディの要素もたくさん詰まっていて、とても楽しいです。「朝から楽しい時間が過ごせるように、コメディ要素を全体の52%くらい詰め込んだ」と福田靖さんは語っています。毎回どこか笑える要素があって、思わず、プッと吹いてしまいます。私としては”牧 善之介(浜野健太)”が毎度毎度違うテンションで「牧 善之介です。」と名乗るシーンが大好きです。(笑)

②実力派揃いの豪華なキャスト
キャスティングはとても豪華。安藤サクラさん、長谷川博己さんをはじめとする実力派の俳優陣がズラリ。

福子の母に松坂慶子さん、姉には内田有紀さんと松下奈緒さん。「私は武士の娘ですから」が口癖の、昔気質で口うるさい母を演じる松坂慶子さんの演技はハマリ役で必見です。

萬平の才能を発掘する世良勝夫を演じるのは桐谷健太さん。連続テレビ小説への出演は初めてだそうです。福子の働くホテルの先輩・保科恵を演じるのは、グラビアアイドルや女優での活躍がめざましい橋本マナミさん。

他にも、要潤さん、大谷良平さん、松井玲奈さん、菅田将暉さんという個性的な皆さんの活躍で、このあとも盛り上がること間違いなし。

③目が話せないジェットコースターのようなストーリー
激動の高度経済成長期の昭和をどう生きて行くのか?どうやって成功を収めていくのか?波乱万丈のストーリー展開についつい夢中になってしまいます。

いろんな魅力が詰まった「まんぷく」。

そして主題歌も人気の要因になっているようです。
DREAMS COME TRUE 「あなたとトゥラッタッタ♪」。朝から元気になります!つい口ずさんでしまうと評判も上々。確かにあの曲を聴くと福ちゃんの笑顔が目に浮かびます。まんぷくのために作られたオリジナル曲で、福子さんの萬平さんに対する愛情をマーチのリズムに乗せているそうです。

福子と萬平は池田市でチキンラーメンを発明した

安藤夫妻が世界初のインスタントラーメンを発明したのが大阪府池田市。
インスタントラーメン発祥の地ということで、日清の「カップヌードルミュージアム大阪池田」があります。
カップヌードルミュージアム大阪池田については、こちらでレポート記事をアップしていますので読んでみてください。
【見どころ満載】大阪池田のカップヌードルミュージアムに行ってみた!
https://www.ikedashi-kanko.jp/media/ramen/3923

池田市をよく知らない方のために少しご紹介します。
池田市は大阪の北部に位置し、兵庫県に接しています。大阪北摂と呼ばれる地域で、とてもお上品な土地柄です(笑)。

有名な創業者を輩出した町としても知られ、安藤百福さん、阪急グループの小林一三さんは特に有名です。
自動車のダイハツの本社があり、日本で初めて一戸建て住宅が割賦販売されたのも池田市です。
「創業のまち」とか「事始めのまち」とも呼ばれています。

1日で回れるおでかけスポットがたくさんありますので、ぜひ遊びに来てください。当メディアではこれからどんどん池田の面白スポットや楽しいおでかけスポットを紹介しますので、ご期待ください。

まとめ

いかがでしたか?「まんぷく」は元気がもらえるドラマです。福子さんと萬平さんの深い絆も、波乱万丈のストーリーも、豪華なキャストも、元気が出る主題歌も、どれを取っても魅力満載!ぜひ、ご覧くださ~い!

NHK連続テレビ小説『まんぷく』
2018年10月1日(月)~ 2019年3月30日(土)【全151回】
放送時間:月~土 午前8時~8時15分【NHK総合】(再放送は午後0時45分~1時)

ライター

アン

アン

池田大好きライターです。大阪府池田市には素敵なおでかけスポットがたくさんあります。私のおすすめなら間違いなし!