池田市観光協会HOME > 目的から探す > 文化・歴史にふれる

文化・歴史にふれる

逸翁美術館

  • 阪急電鉄の創始者、小林一三氏の旧邸を美術館として収集品を展示していましたが、開館50周年を期に、新美術館を建設し、平成21年秋から活動を再開しています。
  • 茶人逸翁としての収集品は、茶道具として用いた陶磁器や書画からなり、特に蕪村、呉春のコレクションは有名です。新美術館では、重要文化財に指定されている作品が多く含まれる逸翁の収集品を中心に、年4回の展示で紹介します。
  • また、美術館に付設したマグノリアホールでは、講演会や音楽をお楽しみいただけます。
  • 所在地: 池田市栄本町12-27
  • 電話番号: 072-751-3865
  • 営業時間: 10時00分〜17時00分(入館は16時30分まで)
  • 休館日: 展覧会会期中の月曜日
    (ただし、月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)
  • 詳細はこちら
  • 公式ホームページ

小林一三記念館

  • 阪急電鉄の創始者・小林一三氏は鉄道事業だけでなく、土地開発、宝塚歌劇・映画・演劇・日本初のターミナルデパート等ユニークな事業を数々生み出しましたが、商工大臣、復興院総裁など政界にも進出しました。
  • 多方面で活躍した起業家小林氏の華麗なる軌跡を当時の資料・写真・映像等で紹介し、逸翁(雅号)が構想を練った書斎等旧宅跡も公開しています。
  • また、茶人としての逸翁が工夫を凝らした茶室・庭園・邸宅レストラン「雅俗山荘」で食事を楽しむことのできる、今までに無い新概念の記念館です。なお、「雅俗山荘」「即庵」「費隠」「長屋門」「塀」の5つが国の登録文化財です。
  • 所在地:池田市建石町7-17
  • 電話番号: 072-751-3865
  • 営業時間: 午前10時〜午後5時まで(入館受付は午後4時30分まで)
  • 休館日: 月曜日
    (但し、月曜日が祝日・振替休日の場合は開館、火曜日休館)
  • 詳細はこちら
  • 公式ホームページ

池田文庫

  • 昭和24年(1972年)に開館した池田文庫には、現在約20万冊をこえる図書・雑誌が収められています。収蔵図書の約60%は映画・演劇・美術・文学に関するものです。
  • また、宝塚歌劇の創始者、小林一三氏の寄贈書や宝塚歌劇・阪急電鉄のポスター類、芝居錦絵などの歌舞伎関係の資料等たいへん貴重な品が豊富に所蔵されています。
  • 所在地: 池田市栄本町12-1
  • 電話番号: 072-751-3185
  • 営業時間: 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
  • 休館日: 月曜日(但し、月曜日が祝日・振替休日の場合は開館、火曜日休館)
  • 詳細はこちら
  • 公式ホームページ

池田城跡公園

  • 室町時代から戦国時代にかけて、池田市域一帯などを支配していた地方豪族池田氏の居城跡地を公園として整備を進め、平成12年(2000年)4月にオープンしました。
  • 園内にある、やぐら風展望休憩舎からの眺めは、池田市街地はもちろんのこと、阪神高速道路の新猪名川大橋(通称ビッグハープ)や園内が一望できます。
  • また、土日・祝日には、公園内に観光ボランティアガイドがおりますので、気軽に声をかけて下さい。
  • 所在地: 池田市城山町3-46(池田城跡公園管理棟)
  • 電話番号: 072-753-2767
  • 営業時間: 午前9時〜午後7時まで(11〜3月:午前9時〜午後5時まで)
  • 休園日: 火曜日と年末年始
  • 詳細はこちら

池田市民文化会館

  • 大阪空港(伊丹空港)や阪急電車石橋駅、高速道路、国道などからスグという整った立地条件で、遠方からでも大変便利な池田市民文化会館は、アゼリアホールの愛称で、皆様に親しまれております。
  • また、充実した文化・芸術活動の場として、子供からお年寄りまで、市民の皆様と共に地域文化の創造に努め優れた舞台芸術を提供しております。
  • 所在地: 池田市天神1-7-1
  • 電話番号: 072-761-8811
  • 営業時間: 9:00〜
  • 休館日: 点検や修理のために臨時休館日を設ける場合があります。
  • 公式ホームページ

市立ギャラリーいけだ&ギャルリVEGA

  • 市立ギャラリーいけだ・ギャルリVEGAともに阪急池田駅構内にあって、 気軽に立ち寄れる貸しギャラリーです。 絵画、書道、彫刻、工芸、写真などあらゆるジャンルの作品を展示しています。
  • 所在地: 池田市栄町1-1
  • 電話番号: 072-750-3333
  • 営業時間: 午前10時〜午後6時
  • 休館日: 火曜日
  • 公式ホームページ

池田市立歴史民俗資料館

  • 1980年(昭和55)に開設した歴史民俗資料館には、池田市の近世の文芸・学問・古文書をはじめとする歴史・考古・美術工芸・民俗など、多岐にわたる資料が保存されています。また、それらの収集・調査や展示公開もしており、代表的なものとしては、猪名川流域の古墳時代前期を代表する遺物である池田茶臼山古墳出土資料や池田城跡出土資料等があります。
  • 池田の歴史と文化を知りたい時は大変便利です。また年に数回企画展も開催されており、地域の魅力をより深く、ご覧頂けます。同館は、図書館も隣接していますので、どうぞご利用下さい。
  • 所在地: 池田市五月丘1-10-12
  • 電話番号: 072-751-3019
  • 営業時間: 午前10時〜午後6時
  • 休館日: 毎週月、火曜日、祝日(火曜日が祝日の場合水曜日も休館)、展示替え期間(不定期、詳しくは館HPにて確認下さい)、年末年始
  • 詳細はこちら
  • 公式ホームページ

室町住宅

  • 明治43年、阪急電鉄の創始者小林一三氏により、沿線の南側に電鉄による日本初の建売住宅が開発されました。
  • 支払方法も月賦払いという、サラリーマンにも大変買い求めやすいものでした。
  • 所在地: 池田市室町

ビリケンさん

  • アメリカで「福の神」として人気を博した「ビリケン」さん。明治末期に田村駒治郎氏が商標登録され、田村氏の会社や有名な通天閣に祭られていましたが、田村駒治郎氏が池田の出身ということから設置されました。今では「福のまち池田」のシンボルとなっています。
  • 所在地: 池田市栄本町
    ポケットパーク内
  • 詳細はこちら

伝承・染殿井

  • 池田には、クレハトリ、アヤハトリという二人の織姫が渡来し、機織りの技術を伝えたという伝承があります。染殿井は、織姫が糸を染めたところと伝えられています。
  • 所在地: 池田市満寿美町

伝承・弁慶の泉

  • この近くに旧西国街道が走り、伝承では文治元年(1185)に源義経らが 西国街道から尼崎へ行く途中、追手の多田蔵人行綱、豊島冠者と戦った後、弁慶が飲んだのがこの泉の水といわれています。
  • 所在地: 池田市豊島南

春團治之碑

  • 平成10年、受楽寺境内に初代・二代目の桂春團治を顕彰する「春團治の碑」が三代目桂春團治の後援会によって建立されました。
  • 毎年春に石橋周辺で開催される「春團治まつり」では、「桂春團治一門落語会」のほか、賑やかな催しを開催しています。
  • 所在地: 池田市豊島南

ページトップへ

Copyright 池田市観光協会 all rights reserved.

いけだ観光回遊ツアー

非表示にする